はたらく女子のケース vol.3 「新しい部署にて」問題編

最近、ここではタロットの話をあまりしていませんでしたが、
日々、しっかり活用しています。主に、職場のことなどで。

(悩みがあっても、タロさんに聞いてからだと、ゆっくり眠れます?!)

6月に内示があって、7月に別の部署に異動しました。

よいことの一つは、何度か話題にした「相性の悪い上司」と離れたこと

このお陰で、これまでむやみに消費していたと思われる
余分なエネルギーが戻ってきたような気がします。


今度の部署は、これまでと比べて、一方的でない
コミュニケーションができる人たちで、安心しました


--が、やはり戸惑うことがいくつか

この部署は、私にとって今まで馴染みのない、
いわゆる「営業マン」ばかりのところ。

仕事のペースも、進め方も、マイペースでできていたこれまでとは
まったく違います。

そんな中で、諸事情により、今までやっていた仕事と全く異なるタイプの仕事を、
自分なりに創り出していかなければいけなくなったのです

慣れない環境の中で、一人で新しいことを始めなさい、と
放り出されたようで、やはり、戸惑いは大きく…。

「どうしたものか?」と自宅でタロさんに聞いてみると、
こんな感じの展開になりました。

画像


この結果を持って、タロットの学校の「リーディング研究会」へ。

「現在」の位置には、「皇帝」。
「経緯」を示す「仕事師」のカードもそうですが、
新しい部署で、慣れないながら「仕事」を形にしようと必死な様子

しかし「展望」の位置のカードは「女帝」の逆向き。

本来、豊かな創造性を意味するこのカードが逆、ということは、
「企画倒れ」「アイディア不足」を示します。

--ああ、やっぱりこのままだとしんどそう

さて、この問題を解決するカードは…

続きます


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 秘伝カモワン・タロット (エルブックスシリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック