はたらく女子と タロットと

アクセスカウンタ

zoom RSS 「女子」と「ゴージャス」と「ザ・ペニンシュラ 東京」

<<   作成日時 : 2010/07/26 01:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

夏になり、恒例の(?!)温室状態になった我が家から逃れるべく
映画館に向かいました。

この際、派手にスカッとさせてもらおうと、
見に行ったのは「SEX and the CITY2」。

NYで恋と仕事を楽しんでいた4人の女性が、やがて
家庭を持ち、家族や仕事に悩み…というベースは変わらないのですが、

あちこちで見かける評やコメントに違わず、
思いっきりゴージャスで、想像以上に浮世離れした
ストーリーと映像でした


もちろん、立場からスケールからまったく違うのですが、
自分にも、共感できるポイントがいくつか


もともと、女性は自分が信じていることに対して「真面目」。

そのため、日常生活、小さなことから大きなことまで、
自分なりに「良かれ」と思って
ついつい力が入ってしまいがち…のような気がします。

思い通りにならないことが積もるのも当たり前…

だからこそ、女性がもう一度元気になるために、

時には手放しで(自らお膳立てしなくても)楽しめるような、
浮世離れした「キラキラ」や「ゴージャス」みたいなものは

いくつになっても
ときどき必要なんじゃないかな
、と思いました

映画の中のもはやアラフォー(越え?!)した4人の女性たちは、
悩んでいたって始まらない!とばかりに、
アブダビのゴージャスなホテルでの数日間を思いっきり
欲望に忠実に、カラッと楽しんでいます


まったく人目を気にせず…みたいな大胆さが、
さすがアメリカ!なのかなあ、とも。

で、帰る道々、自分にとっての「ゴージャスを考えてみました。

確か、去年友人と泊まった「ザ・ペニンシュラ東京」のサマープラン…。

(こんなんばっかですね

画像


画像


*50平米のお部屋とか

画像


*アフタヌーンティーとか

画像


*ロールスロイスが…とか


思い出しました

室内プールでは、お兄さんがデッキチェアとミネラルウォーターを
勧めてくれたなあ、とか


…映画の彼女たちが泊まったアブダビのホテルが確か
一泊2万2千ドル)という話でしたから、それに比べたら…?!


…はっ!!!!また…


…どうやら、猛暑と映画の派手さに頭を刺激されて
やられてしまっているようです


それでもやっぱり(ゴージャスさの程度はともかく)
この(暑い)日常生活をちょっと離れて元気になる体験をするべく、
画策することにします





amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「女子」と「ゴージャス」と「ザ・ペニンシュラ 東京」 はたらく女子と タロットと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる